和歌から占う「今週の金運・フトマニおみくじ」 12月25日(月)~12月31日(日)

Posted on 2017/12/24 by おうちカフェスタイルマガジン

フトマニ手書き

人生の方向性を見定める古代文字占い師MARUの

128卦の和歌から占う「今週の金運・フトマニおみくじ」

12月25日(月)~12月31日(日)

 

クリスマスイーブー

も~い~くつ寝~る~と~お~正~月~

 

水星逆行明けて、冬至も過ぎて、

そろそろ、お正月準備でしょうか?

締めくくり今年一年振り返って来年これしたいっ!

思い巡らせると良い時期ですね^^

 

MARUはねえ

今年を振り返ると「怒涛の訳わからなさ」でした(大爆笑)

人生何が起こるかわかりませんねえ。

でも、来年もこんな「訳のわからない楽しさ」で行きたいと思います。

 

では今週の金運UPフトマニおみくじいってみましょう。

今週は「No.40 ふ・ねせ」です

クリスマスっぽくクリスマスカードに書いてみたんだけど

すっげええええええ違和感(大爆笑)

25630455_1416785758447054_83377747_n

40 ふ・ねせ

ふのねせは ぬすむたからも

おとかわさ くるしくうせて    ねせやふすらん

ニの捩せは 盗む財も 劣が業 苦しく憂せて 捩せや沸すらん

 

40ふねせのそのままの解釈としては

物事にはプラスとマイナスの二種類が在り

マイナスの心の曲りに惑い盗みを働いて財を得たとても、これは愚かな所業。

心苦しく憂鬱になり、態度・言葉・行動に表れる歪みは、酷くなるだろう。

 

MARU訳

「ねせ」には正の方向へ離れるという意味と負の方向へ離れるという対局する二つの意味が在ります。

プラスもマイナスも時代やその国の価値観だったりすることが多い。

強制や虚栄心、恐怖心で事をおこした場合でもある程度は成功する

けれどもそれはいつか心や身体に歪みが出てくるし、

そのまま続けていればますますひどくなるだろう。

 

11031061463

 

MARU解釈

つまり、大事なのは己の心に正直で居ること。

自分自身の感覚をどこまで自分が正しいと信じられるかが人生を左右する。

心が喜ぶ方向に思考を持とう、自分自身の人生を信じよう、

人は必ず幸せになるように仕組まれて生まれてきている、

正すべきは「自分の思考の方向性」なのだ

 

これは金運に考えてもマンマっぽいですね。

世間の価値観では無く「自分の価値観」で過ごす。

 

特に年末年始ですよ~~。

「遊びに行かなきゃ格好悪い」なんて思って

無理やり出かけたりしなくても良いってことよ。

 

なんか、クリスマスもお正月も

夏休みもそうだけど

年々派手になっているような気がするのはMARUだけですか??

 

お金も「自分の価値観を満たすために使う」

お金の使い方も「自分の心を満たすために使う」

 

鏡の法則や引き寄せの法則はみなさんご存知かと思います。

自分の内側が外側に現れる。

だとしたら、自分が自分を満たしてあげるということは

相手を満たしてあげることにも繋がっていくのですね。

 

~~~~~~~~~~~~~

音魂(オトタマ)鑑定

詳細・お申し込みはこちらからモニター期間12月までです。

http://kokucheese.com/event/index/478641/

 

~音魂(オトタマ)鑑定とは~

名前が一番の言霊です。

ご自分の名前に込められたエネルギーを知りたくないですか?

日本の「古代文字」を使用し「音と誕生日」の持つエネルギーから

お名前・相性・運勢の鑑定をいたします。

19679947_1264916626967302_825193584_n

「使命に沿って生きている」自負のある方には向きません。

この道でいいのか?

迷いのある方、確認したい方、背中を押してもらいたい方は

是非ご体験ください。

 

*音魂(オトタマ)お名前鑑定 モニター5000

*音魂(オトタマ)相性鑑定 モニター9000

 

~~~~~~~~~~~~~~

 

フトマニとは・・・まずはこちらウィキペディアご覧ください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%8B

全宇宙の構成を表した元明けの準拠であり

アメツチ(天地)の動向を察知する哲理といわれています。

こちらの卦が128卦ありこれに当てはめた和歌が128首。

途中で加筆修正も成されているようです。

MARUのように「今風にしたら良くね?」と思ったのかどうかは知らないけど。

 

聖書「ヨハネによる福音書」1-1に

「初めに言葉があった。言葉は神と共にあった。言葉は神であった。」

というのがあるのはご存知かと思います。

MARU的には

「大いなる何か≒神は人の中に在り、人と人の間に存在するもの」

人を介してしか姿を表すことが出来ない存在。

すなわち、

MARUの勝手な解釈も必要としている人が居るはずなのである

と言うことです(←完全に開き直りました)

 

 

■占い師MARU プロフィール (Nakai Emi(なかいえみ))

23435248_2026211210942385_3644187428344008448_n

フェイスブックhttps://www.facebook.com/emi.nakamaru.9

HP https://otomata.jimdo.com/

 

〈略歴〉

1969年神奈川県生まれ、

子ども二人ネコ6匹を食わせる大黒柱で14年目に突入。

本家では「伏見稲荷分社」を祀る。

キツネ憑きの機能不全家庭で育った虐待サバイバー。

人の顔と名前がさっぱり覚えられない国に住んでいて、

3回会っても「はじめまして」はざら(大笑)

される虐待・水商売・新興宗教の支部長・DV・離婚・する虐待を経験してきて

現在は親子関係改善カウンセラー 占い師。

本業として不動産・リフォーム「住まいと心を整える㈱お家カフェスタイル」の取締役。

 

占い師 MARU

神奈川県大和市

メール ototama1226@gmail.com

 

参考文献

★フトマニ 参考文献「ほつまつたゑ解説ガイド」