ゴキガールまりえの毎日ゴキげんマル秘エッセンス~はじめまして~

Posted on 2017/12/15 by おうちカフェスタイルマガジン

25360565_1409431072515856_547625955_n

はじめまして!

ゴキげんよう☆ゴキガールまりえです!

 

ゴキガールまりえの「ゴキ」は

「ゴキゲン♪」の「ゴキ」ではないんです。。。。

 

なんと!

みんな心の底から大っ嫌い!

「ゴキブリ」の「ゴキ」なんですヾ(o゚ω゚o)ノ゙ぎゃはは!

 

goki

とはいえ、私も昔から好きだったわけではなく、

好きになったのはここ数年の話なのです。

 

それまでは虫は大嫌いだし(たとえ蝶々であってもね)

虫に限らず生き物全般がどちらかというと嫌いでした。

だって得体が知れないもん(笑)

 

そんな私がひょんなことからゴキブリにめざめ(笑)、

そしてそれを克服して大好きになりました。

その結果何が起きたでしょう?

見える世界もそして自分の心も全く変わりました。

ゴキブリによって。

 

嘘みたいな本当の話(笑)

ゴキブリに変えられたってのが

また少し悔しくもあるけど(笑)

 

今日は彼らとの衝撃的な出会いをお話します。

 

数年前、当時の私は何事も斜に構え、

鬱々とした日々を過ごしておりました。

仕事で嫌なことがあったわけでもなく、

プライベートで嫌なことがあったわけでもない。

ただただ世界そのものが嫌いで、消えてしまいたい日々。

 

根拠なき流行に振り回され

根拠なき幸せを求める人々。

自分も含めてそんな世界に辟易としていました。

「消えてしまいたい」そんな気持ちが募る毎日。

 

いつもと変わらない、そんな鬱々としていたある日の午後。

普通にいつもと同じように仕事をしていたら・・・

突然私の脳内にゴキブリが現れて語りかけてきたのです。

生まれてからまともにゴキブリを見たこともなく、

ゴキブリとは無縁な人生を送っていたにも関わらず。

 

彼は馬鹿にしたように言いました。

 

「我々(ゴキブリ)は

人間に何も攻撃をしてないのに

叩かれ殺される。

理不尽に。

しかし、それでも我々が

しぶとく生きようとするのは

この世に対する執着からだ。

 

なのに、なぜあんたら人間ときたら

この世に対してあっさりしてるんだ。」

 

とか

 

「あんた(私)は

『根拠なきもの』に

振り回されまいと必死だが

あんた、我々のこと嫌いだろ?

その感情に根拠あんの?

人のこと言えないじゃん。

なんで我々のことを嫌ってんの?」

 

とかとか・・・まくしたてるわけですよ。

 

いきなりゴキブリが脳内に現れたパニックと

馬鹿にしたような口調への怒りと

彼の言い分への気づきが同時に襲ってきました。

 

その中で私が直感的に確信したことは

「私は彼ら(ゴキブリ)を愛してる

彼らについて知らねばならない」

ということ。

 

人はこの衝撃的な出会いを

時にはインスピレーションと呼び

時には啓示と呼び

ありがたく思うのでしょうが・・・

ぶっちゃけ「なんでゴキブリなんだよぅ」と

少し残念に思ったのもまた事実(笑)

 

ここでは私がゴキブリとの愛の試練(笑)を乗り越えていく過程や

またその後も関わることで彼らから得た気づきを中心に

毎日ゴキげんになる「エッセンス」をお伝えしていけたらと思います。

 

私は昆虫博士でもなければゴキブリ研究家でもありません。

なので持っている知識はほとんどありません。

知りたいことは本やインターネットで調べたらいいしね。

むしろ、生身のゴキブリに関しては皆様の方が知っていると思う(笑)

 

私に知識はありませんが、

彼らから受け取ったたくさんの素敵な素敵なプレゼントを

これからおすそ分けしていきますね。

 

それでは、ゴキげんな一週間を!

 

☆ゴキガールまりえ☆

 

まりえちゃん

兵庫県姫路市在住

好奇心旺盛で趣味は美術館や博物館にいくこと。

しかし残念ながら知識としては蓄積されないもよう(笑)

 

「年相応の落ち着いた大人らしい女性になりたい。」と

あまり心にもない願いをたまにしてみたりする。

いつまでゴキ「ガール」でいていいんだろうと

あまり心にもないことをたまに思ったりしてみる。

 

ルパン三世のようなかっこいい人間になりたいっす。

 

・ThinkBuzan公認マインドマップインストラクター

・ReadForAction公認リーディングファシリテーター

ブログ:https://ameblo.jp/gokigirl-marie/

環境の変化によって気づけば2年以上放置してたけど、年内に再開します!