幸せマヤライフ♪12/19~12/31の過ごし方

Posted on 2016/12/19 by おうちカフェスタイルマガジン

%e3%83%9e%e3%83%a4%e6%9a%a6%e7%9f%b3%e5%a0%80

こんにちは。

マヤ暦と心理学で本当のあなたを生きるお手伝い、マヤ心理カウンセラーの黒田藤子です。

 

マヤ暦の中の260日のツォルキン暦は、宇宙や自然と共振し、今ここを生きるための自然律。時間と空間を味方につけ、本来の自分へと回帰していくための暦です。

 

ツォルキンをガイドに毎日を過ごしていけば、目に見えない世界とのシンクロが巻き起こり、必要なタイミングで必要なものを引き寄せ、数多くのミラクルを体験していけるでしょう。

 

<マヤツォルキン暦の構成>

 

260日のサイクルは52日ごとに赤、白、青、黄、緑の5つの城に分かれています。

5つの城は、私たちの心の旅、魂の旅の軌跡を表しています。

 

第一の城(赤)K1~K52   :9/6~10/27  誕生、種まき

第二の城(白)K53~K104 :10/28~12/18 鍛錬、洗練

第三の城(青)K105~K156:12/19~2/8  大転換、変容 ← 今日からココ

第四の城(黄)K157~K208:2/9~4/1   熟成

第五の城(緑)K209~K260:4/2~5/23   マトリックス

 

 

%ef%bc%91%e3%83%9e%e3%83%a4

 

<12/19~12/31の過ごし方>

 

第三の城/大転換・変容(12/19~2/8)の中の赤い蛇の13日間(12/19~12/31)

 

今日から第三の城、青の大転換・変容の52日間がスタートしました。

 

ちょっと立ち止まって自分自身を見つめ直す白の52日間を終え、大きな変化の時期がやってきました。

 

この13日間では、陰のエネルギーが極まり、陽へと転換する『冬至(12/21)』を迎えます。『太陽の誕生日』とも呼ばれる冬至は、『新しい世界の誕生』に向けて、デトックスとリスタートのタイミングです。

 

今日から13日間、身の回りの物を整理してみたり、身体や感情、情報のデトックスをしてみると良いでしょう。また、未来の自分について新しいビジョンや構想を練ってみたり、生活習慣を改めるのもオススメです。

 

年末の慌ただしい時期ですが、自分のために時間を使うことも忘れないようにしてみましょう。

 

変化のエネルギーが吹く第三の城は、停滞や形骸化を防ぐために必要不可欠な260日のツォルキンのど真ん中です。既存のものを壊して変容するこの時期、殊更自分が変わろうと思っていなくても、変化の方から勝手にやってくるでしょう。

 

次々と迫りくる変化の波に乗っていくことで、魂はより大きな成長を遂げ、輝きを増していくのです。

 

予想外の出来事に恐れることなく、振り回されることなく、波乗りを楽しむぐらいの気持ちで過ごしてみると、目の前のことがどんどん発展していくでしょう。

 

%ef%bc%92%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc

「赤い蛇」の13日間のキーワードは、「生命力」「情熱」「本能」「正直」「集中」「自己コントロール」

 

<過ごし方>

 

◆直感やひらめきが冴えわたります。インスピレーションを大切に、ピンときたら行動してみましょう。

◆黒キンが10日間続きます(12/20~29)。あり余るエネルギーを世のため人のために役立てていきましょう。

◆ポジティブな意識で物事に取り組むこと、自分に素直に生きましょう。

◆リラックス&リフレッシュの時間を大切にしましょう。

◆自分のエゴや執着を手放し、感情をコントロールしていきましょう。

◆何事も情熱を持って、エネルギッシュに取り組んでいきましょう。

 

無心になって精進していくあなたの生き方が多くの人の心を動かし、新たなるステージへの扉を開いていくことでしょう。

 

 

 

<マヤメッセージ>

 

あなたは自らの手でシナリオを描いて、この地球にやってきました。

でも、自分で描いたシナリオのことはすっかり忘れています。

自分のシナリオを生きたかったら、やるだけのことをやってあとはジタバタしないこと。

今、この瞬間100%起きてくることに身を委ねてみてください。

目の前のことを受け入れ、感謝し、粛々と遂行していきましょう。

 

 

%e8%97%a4%e5%ad%90%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

 

黒田 藤子

横浜市青葉区 「癒しと学びのカウンセリングサロン Smiley-Lab」主宰

 

HP  → http://www.smiley-lab.com/

Blog → http://ameblo.jp/color-fascination/