やさしい色のはなし  ~好きな色と似あう色~

Posted on 2016/10/20 by おうちカフェスタイルマガジン

yano

前回の「色を意識する」いかがでしたか。

 

色をイシキすることを続けていると、モノを捉える力を磨き、発見する力も倍増していきます。見えていなかったモノやコト、ヒトまでもが、よく見えるようになってきます。

そんな色への意識を続けてみてくださいね。

 

さて今回は、【好きな色】と【似合う色】
よく、聞かれるのです。

 

「好きな色と似あう色は同じですか?」

 

いえいえ、異なります。もちろん同じということもありますが。
似あう色というのは、ご自身の顔の表情を健康的に美しく見せてくれる色の特徴を知っておくということ。けっして1色ではないのです。

 

「好きな色と似あう色、どちらが大切ですか?」

 

どちらも大切です。

 

でも、まずは【好きな色】を大切にしてください。

好きな色って一生同じってことは少なく、青の時代、黄の時代なんていう風に変わることもしばしばです。いや、もっと短いスパンで変化することもあります。
心地よいから好き。元気がでるから好き。落ちつくから好き。などなど、いろいろな理由から好きな色が存在します。

 

そうなのです。好きな色の理由。そこに好きな色の存在意義があるのです!

 

%ef%bc%91%e8%89%b2

 

自分が選ぶ色にはすべて意味があります。潜在的な意識が色を選んでいると考えてもらってもかまいません。今必要としている色なのです。それなのに、なんでもいいや、とりあえず、という風に選んでいると、自分の内面を表現できなくなってしまいます。深くお話すると、それも自分で選んでいるということになるのですが。

自分が惹かれる色はどんどん身につけ、社会の中で発信していくべきです。

周りの方はあなたをよく見ていますよ。そして、その色であなたを判断しています。

自分のことはわからずとも、相手のことはわかるということがありますね。

自己主張の強い色をいつも身に着けている人は押しの強い人だと感じたり、やんわりした色を身に着けている人は優しげに見えたりしているはずです。

 

 

周りを見わたしてみてください。いつも、小物類は青系の人。いやあの人は、なんでもピンク。ありますよね。その色のイメージを受け取って相手を感じている私たちが存在するのです。

 

このことを逆に考えていくと、自分の好きな色を身につけ、インテリアに好きな色をどんどん取り入れていくことで内面の充実をはかり、そして、そこから発信したい自分を表現することに自然と繋がっていきます。

%e8%89%b2%ef%bc%92

色をイシキすること。好きな色を感じること。これらも繋がっています。

 

あなたの好きな色は何色ですか?
どんな理由で好きなのでしょう。理由はわからずとも潜在意識レベルがわかってくれています。安心して好きな色を取り入れましょう。

 

SONY DSC

好きな色がわからない、もっと自分のことを知りたい方に

カラーセラピーワークをおすすめします。
色えんぴつを使った絵画のワークです。
出張セラピーも致します。

お申し込みは下記HPお問い合わせホームまで。
http://shikiiku.com/

幼児教育と色彩ayaカラー

矢野文子