【気が楽になる薬膳、ときどき漢方】 No.2

Posted on 2018/03/19 by おうちカフェスタイルマガジン

P021783213_480

【気が楽になる薬膳、ときどき漢方】 No.2

みなさま、お久しぶりでございます。

料理はしない(!) フードーコーディネーターの、サチです。

今、力を入れている仕事は、某メーカーのツナ缶使用のサラダを、和食の親方に作らせる事です。

あ、レシピは作ってあげましたよ♪

ええ、料理はしません。

だんだん、暖かくなって来ていますが、朝、お布団から起き上がるのもひと苦労。

「最近、疲れやすくなった気がする。」
「何をしていてもやる気が出ない。」
「夜もなかなか寝付けない。」

こんな症状にお悩みの方はいませんか?

疲れのせい…と、軽くみてしまいがちな、この症状、実は「腎」のエネルギーが低下しているのかもしれません。

「腎」のエネルギーが弱るのは、「腎臓」が弱るのとは微妙にニュアンスが違っています。
腎が弱るのは、生きるためのエネルギーを貯めておく力が弱っている感じです。
何をしようにも、すべてが「おっくう」な感じになってきます。

東洋医学では、腎は納気作用という、息を吸う役割を担っているとしています。

納期作用は吸い込んだ空気を、体の中に運び、肺をサポートする働きです。

つまり、腎が弱ると息を深く吸うのが難しくなり、寝付きの悪さや、疲労とか体の倦怠感に、つながってしまうのです。

そして、腎は寒さに敏感なため、冬は更に弱りやすいのです。

今の時期に、適切なケアをしてあげると、不眠や疲労などの辛い症状を改善したり、未然に防ぐ事も出来ます。

やの

では、腎のケアは具体的に、どうしたら良いのでしょうか?

改善のカギを握るのは、《黒い食べ物》《腹式呼吸》《温める》、この3つです。

①《食事》
腎に良いのは、黒い食べ物です。
黒豆、黒ゴマ、黒キクラゲ…他には、海藻類も腎機能を高める食材です。

これらを意識的に、食事に取り入れるのもオススメです。

②《腹式呼吸》
腎の大きな役割のひとつ、納気作用は腹式呼吸で鍛えられます。
1日に1~2分、毎日続けてみましょう。
たったこれだけでも、少しずつ体調の改善が期待出来ます。

③《温める》
腎臓のある腰の辺りを温めるのも、効果的です。
長めにお風呂に浸かったり、市販のカイロをあててみたり、気軽にできる方法で続けてみましょう。

・・・・それすらも、おっくうなアナタ。

腎の養生の必殺技を教えましょう。

『なにもしない!』

いえいえ、マジでマジで!

これは、すべてをあきらめて放棄するのではなく、自然の流れに任せて、静かに過ごしてみる…ということ。

その間に、何かひらめきや気付きがあれば、文字にして書き起こしてみるのも良いでしょう。

実は、内面を観るのは、腎の力が得意とするところです。

書いているうちに、素晴らしい発見が生まれる事も多いですよ。

あら、花粉症がひどくって、それどころじゃない?

あ、それも薬膳&漢方で、なんとかなります♪

そのお話は、また次回に。

料理はしない謎の フードコーディネーターサチ

Fairys-dream-fortune-telling