【 気が楽になる薬膳、ときどき漢方 】No.1

Posted on 2018/01/24 by おうちカフェスタイルマガジン

P021783213_480

こんにちわ。

料理はしない (!) フードコーディネーターの、サチです。

今、力を入れている仕事は、ゴミ屋敷状態のある寿司屋を蘇らせる事です。

大将のやる気スイッチを連打して、店内の断捨離を進めています

(料理関係ないわぁ…)

まだ、駆け出しのコーディネーターの時に、専門分野を作ろうと、健気な理由で学び始めた薬膳と漢方。

かなり奥が深いものの、実際に生活の中で活かしてみると、体や心がとても楽になる知恵がたくさんありました。

難しい話はなるべく抜きにして、みなさまのお役に立てる、お話ができたら嬉しいです。

とうとう、大寒を迎えてしまいました。

 漢方でこの時期は、1年の中でも最も、陰の氣が旺盛なときで、陽を補う食事が大切だと、言われています。

陽を補い、体を温める作用が高い食材は、

ニンニク、ニラ、らっきょう、羊肉、鶏肉、海老、まぐろ、赤ワイン、ウイスキーなどが、挙げられます。

節分までのこの時期は、陽を補い、温活と血流改善をぜひ心がけてみてくださいませ。

中国には 「大寒、暖身、先暖心 」という言葉があります。

「寒いときは、まず、心から暖めよ。」ということですね。

手書きハート-515x440

寒い冬だからこそ、明るく楽しく過ごしましょう。

「そんな元気ないわよ!」って方も、ご心配なく。

寒いと、元気が出なかったり、やる気が起きないのも、漢方的にあり得る事です。

理由と対策は、次回にまた。

料理はしない謎の フードコーディネーターサチ

Fairys-dream-fortune-telling